毛穴に関する情報

毛穴を隠すプチプラ化粧下地を選ぶポイントと崩れにくい使い方とは?

投稿日:

プチプラなのに毛穴をしっかり隠す優秀な化粧下地を選ぶには?

毛穴をしっかり隠すプチプラな化粧下地を選ぶのなら、ファンデーションを薄づきにしても毛穴が目立ちにくくなるような化粧下地を選びましょう。

それには、化粧下地にプラスアルファの役割が加わったものが良いでしょう。プチプラコスメの中からでも、多様化しているので好きな下地が選べるはずです。

例えばプチプラな化粧下地には「毛穴の皮脂の吸着力に優れている下地」、「日焼け止めの役割もする下地」、「ツヤやキメを演出する下地」、「カラーコントロールできる下地」、「ファンデーション要らずの色付き下地」といった役割をもっているものが多くあります。

特に、毛穴のキメを整える役割をしっかり果たしてくれて崩れにくい化粧下地も多く、上記に挙げたように1本でたくさんの役割を兼ね備えた、優秀な化粧下地がたくさんあるのです。

1000円前後のプチプラな化粧下地にはお得なもので600円前後から1500円前後で販売しています。

「毛穴の皮脂の吸着力に優れている下地」は毛穴に汚れが溜まりやすい人にオススメです。化粧崩れを起こしにくくなりますよ。

また「日焼け止めの役割もする下地」については、プチプラだからといって紫外線をブロックする力が弱いわけではありません。SPF50+でPA++++でしっかり紫外線対策できる化粧下地もたくさんあります。

「ツヤやキメを演出する下地」については、パールやラメが入っているので、塗ると毛穴の凹凸を光の反射で散らしてくれて、透明感やツヤがアップします。

そして、「カラーコントロールできる下地」や「ファンデーション要らずの色付き下地」については、最後にパウダーで仕上げる人にオススメです。

肌のくすみや赤ら顔が気になる人は、カラーコントロールできる化粧下地で肌悩みを整えた後にラメ入りのパウダーをはたくことで、ツヤを出すこともできます。

プチプラでも塗り方をマスターすれば毛穴が隠れて崩れない!

化粧下地を塗る際は、乳液までのスキンケアをしっかり行い、保湿した肌にムラなく伸ばしましょう。

保湿に関しては、コットンに化粧水をたっぷり含ませ、毛穴の奥まで水分を浸透させます。特に、皮脂分泌の多いTゾーンや乾燥しがちなUゾーンにしっかり含ませます。

乳液までを完了させたら、今度はつけすぎた乳液をティッシュオフします。その後に化粧下地を載せた方が、余分な油分が残らず化粧崩れを起こしにくくなりますよ。

そして、化粧下地をつける時にはムラなく塗ることを考えて、顔の中心から外へ伸ばすように塗ります。

顔の中心から塗り広げる時のポイントは、骨の高い部分に点々と化粧下地を置いていくことです。まずは、おでこ・鼻の付け根・頬骨の上・口の下に置きましょう。

そして、それを顔の外側へ塗り広げます。化粧下地もファンデーションと同じく、シワやたるみが気になる部分には薄く塗るようにします。

あとで付けるファンデーションやパウダーが薄づきになるように工夫することで、毛穴の汚れが溜まりにくくなりますよ。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.