毛穴に関する情報

プチプラ洗顔はどうやって選べば良い?ごわつく毛穴にオススメの方法

投稿日:

毛穴まで綺麗になるプチプラ洗顔はどうやって選べば良いの?

プチプラな洗顔は500円前後から1500円前後のものまで価格が幅広いです。クレンジング剤や毛穴に溜まった皮脂汚れをしっかり落としてくれます。

プチプラ洗顔でもタイプが分かれます。「泡で出てくるタイプ」「弱酸性タイプ」「酵素洗顔タイプ」「しっとり保湿タイプ」など多岐に渡り、毛穴のゴワつきにも効果的に洗うことができます。

毛穴の汚れを落とすときに肌を傷めないためには摩擦が大敵です。ですので、価格はプチプラでも泡で出てくるものを選べば、肌への負担を軽減できます。

「泡で出てくるタイプ」は洗顔を泡立てるのが苦手な人や、肌が薄くて弱い人にとって使いやすい洗顔のタイプです。

毛穴に汚れが溜まりやすい人は洗顔を充分に泡立てることができず、角質汚れが毛穴に溜まりやすい状況になっている可能性があります。

比較的軽い泡のポンプ式と、濃密なムース泡が出てくるガススプレー式がありますが、プチプラ洗顔にはポンプ式が多いようです。

こうした泡で出てくるタイプには「弱酸性タイプ」も多くあります。

角質層が薄くて肌が弱い人の中には、洗い流す時に乾燥を防ぎたくて、すすぎの回数を制限している人が多くいらっしゃいます。

濃密な泡の洗顔よりもポンプ式の方が洗い流す時も楽にすすぐことができますよ。

また、軽い泡のタイプでは「酵素洗顔タイプ」もオススメです。こちらは毛穴のゴワつきが気になる時に、普段のスキンケアではなかなか落ちないタンパク汚れに対して効果を発揮します。

酵素は生き物ですので、液体ではなく粉洗顔の剤型で販売されています。泡立てる時に水やお湯を加えることで、古い角質をやさしく剥がしてくれます。

その他にも、保湿成分配合の「しっとり保湿タイプ」もあり、肌を守りながら保湿してくれる洗顔もありますよ。

ごわつく毛穴にオススメの方法とは?

先ほど「毛穴は摩擦が大敵だ」とお伝えしたように、毛穴汚れを溜めない習慣を作るにはやさしく洗うことが大切です。

そのために、洗い方を見直しましょう。プチプラ洗顔でも効果な洗顔でも同じことです。重要なのは「しっかり泡立てること」、「洗顔の前に肌に水分を与えておくこと」です。

「しっかり泡立てること」は洗顔料を直接肌に乗せたりせず、泡を立てて洗うことで、まだ古くない角質層まで剥がす必要がなくなるのです。

また、「洗顔の前に肌に水分を与えておくこと」も重要です。水分力の高い角質層は、洗顔しても剥がれにくいのです。

細胞そのものの潤いと、細胞同士を繋げるセラミドの流出を防ぐスキンケアを心がけましょう。

そのためには、ディープクレンジングを避けることと、クレンジングの量を少なくせず、適量を使うことが大切です。

クレンジングにおいては、あまりマッサージせず、毛穴の汚れに軽く馴染ませた後はぬるま湯でクレンジング剤をしっかり洗い流します。

ここで、クレンジング剤をすすげていないと、洗顔料をいくら泡だてても毛穴の汚れまで落としきるだけの泡が足りずに洗顔の役割をしっかり果たすことができません。

洗うケアは肌の負担を少なくするケアが重要ですし、肌が過敏でぬるま湯で何回もすすぎたくない人は32度より低い温度で洗うようにすると、皮脂の流出を防ぐことができますよ。

また、日頃から洗顔や化粧水や保湿剤についてはアミノ酸配合のものを選ぶと角質層の水分を保つ成分を補うことができますよ。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.