毛穴に関する情報

間違った保湿をすると逆効果に?毛穴の悩みを解消するスキンケアとは

投稿日:

正しい保湿方法で毛穴を労ろう

毛穴の悩みの原因は、ほとんど乾燥が原因で起こります。つまり、保湿方法を見直す必要があります。角質層の厚さを正常に保つことと、角質層の保湿力を育てる事が重要です。

乾燥状態になると、毛穴の中の皮脂腺は肌を守るために皮脂を過剰に出そうとします。これがテカリの原因になり、空気中のホコリや汚れが吸い付いて毛穴の汚れとして取り込まれる原因になるのです。

乾燥というのは角質層の保湿力が失われている状態です。角質層は毛穴の中も同様に続いていますので、乾燥しているのは肌表面だけの話ではありません。

乾燥したままだとターンオーバーのサイクルが遅くなって、結果として角質層が分厚くなってしまいます。こうなると、保湿成分が毛穴の奥に上手く浸透していきません。

とはいえ、クレンジングを念入りにしてしまうと十分な保湿ができないと考える方もいらっしゃるでしょうが、そんなことはありません。その後の保湿をしっかりしてやれば良いのです。

では、正しいクレンジングと保湿ケアはどのように行えばよいのでしょうか。

正しいクレンジングと保湿ケアの方法

まずはクレンジングですが、脂汚れや排気ガス中の鉱物、化粧の成分などが固まっていますので、これらをクレンジングで浮かせます。毛穴に蓋をした汚れを取るためにもっと効果的なのは、クレンジングの前に蒸しタオルで毛穴を開かせておくことです。一時的に角質層にも水分を補えますし、摩擦などの負担を軽減させることができます。

その後で、ぬるま湯で脂汚れを溶かし出します。敏感肌の方は無理にお湯を使わなくても良いですが、水だとせっかく溶けだした汚れが冷えて固まってしまいますので、できることなら少しぬるめのお湯で流しましょう。

その後は、しっかり泡立てた洗顔でタンパク汚れを洗います。とくに角栓が溜まりやすい小鼻やUゾーン、毛穴の開きが気になるこめかみには、泡を二重に重ねて優しく丁寧に洗うようにしましょう。

洗い流すときは水でも良いですよ。シワが寄っている部分や髪の毛の生え際、顎の下は、洗顔の洗い残しが溜まりやすい部分ですので、汚れが溜まらない様にしっかり洗い流します。

こうして毛穴の奥の汚れがしっかり取れれば、あとは保湿をするだけです。とはいえ、油分の多い保湿は避けましょう。化粧水を角質層にたっぷりと浸透させます。

そして、日頃から汗をかきやすく化粧崩れを起こしやすい部分には念入りに浸透させます。この時はコットンを使うと、手で塗るよりも均一に浸透しますよ。

その後の乳液は、化粧水を塗ったコットンに取り、余計な油分が肌に残らない様につけます。

これで、クレンジングと保湿は完了です。肌そのものの保湿力を高めるためのスキンケアをするには、必要最低限のアイテムの特性を取捨選択してやることが大切です。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.