毛穴に関する情報

寒くないのに鳥肌のように隆起した毛穴ができるのはなぜ?原因と対策

投稿日:

寒くないのに隆起した毛穴ができるのはなぜ?

寒くないのに、鳥肌のように毛穴が隆起するのは老廃物が毛穴に溜まってしまっている状態にあります。寒くない時に毛穴が隆起するのは、鮫肌が落ち着いた時に現れることが多いです。

鮫肌とは「毛孔性苔癬」という皮膚の症状の一般的な呼び名です。またの名を「毛孔角化症」といいます。

まるで魚の鮫の肌のように皮膚がザラザラしており、隆起した毛穴の中に黒い粒々がある事から、鮫肌と呼ばれるようになりました。

鮫肌として知られるこの症状はどうしても露出を避けたくなり、洋服を選んでしまうのがこの症状です。

というのも、二の腕や背中、脚など、体の場所を選ばない疾患だからなのです。たいていの人は年齢とともに症状が落ち着き始めるのですが、30代以降も悩まされる人もいます。

痛みはないものの、肌が健やかに見えないということから、気分もうつむきがちになる人が多いのが現状です。

毛孔性苔癬(毛孔角化症)が生じる原因

毛孔性苔癬は皮膚疾患の一つです。根本治療はまだ解明されておらず、遺伝によって発症すると言われています。

隆起したプツプツ毛穴の中には角栓ができ、毛穴の周りの角質が分厚く、硬くなり毛穴をふさぐ事で、毛穴が鳥肌のように隆起します。

角質の他にも、毛が埋まってしまうこともあるのです。また、毛孔性苔癬(毛孔角化症)は若い人では幼少期から発症し、小学生ではすでに約2割が発症しているといいます。

毛孔性苔癬(毛孔角化症)は一つの毛穴だけにできることは少なく、広い範囲の毛穴が苔のようにプツプツ硬くなります。乾燥しているため痒みも伴いますが、人に移ることはありません。

毛孔性苔癬(毛孔角化症)とうまく付き合っていくためには

毛孔性苔癬(毛孔角化症)のように、毛穴の角質が隆起してしまう時は「塗り薬」、「ケミカルピーリング」もしくは「レーザー」を使って治療するのが一般的です。

そして、これらは皮膚科や美容外科で治療を受けることができます。とくに、「塗り薬」は角質溶解成分のサリチル酸や尿素
配合されており隆起した皮膚を柔らかくしてターンオーバーを促します。

また、「ケミカルピーリング」においては薬品を塗った場所の角質を剥がして、適度な薄さにすることのできる治療方法です。毛穴の隆起に対して効果を発揮しますので、結果的に中に詰まっていた角栓や埋没していた毛が出てきやすくなります。

しかし、塗り薬とケミカルピーリングは永久的に効果が持続するという訳ではなく、根本治療とはいきません。

対して、「レーザー」治療については熱エネルギーを真皮層まで届け、肌を入れ替えることが可能です。また、塗り薬やケミカルピーリングと比べて少ない回数で効果が出ます。

一方で、私たちが自宅でセルフケアをする際は、洗いすぎや擦りすぎ、毛穴を潰す、角栓を押し出す、という行為はしないように心がけましょう。

症状が悪化する恐れがあります。セルフケアでできることは優しく洗って保湿をすることくらいです。それでも気になる時は皮膚科で治療を受けるのが症状を早く治める方法です。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2018 All Rights Reserved.