毛穴に関する情報

黒ずみは汚れではなかった?!脚にできる色素沈着の原因と対策

投稿日:

脚の毛穴の黒ずみは汚れではなかった?

脚の広い範囲にできる点々とした黒ずみが汚れではなく、実は色素沈着である可能性があります。

毛穴に汚れが詰まっているのだと勘違いして、酵素入りのボディソープでケアしたり、毛穴を押し出していると、間違ったケアをしてしまい、色素沈着が増えていく一方です。

ちなみに、毛穴の色素沈着以外にも、黒い点々はできます。例えば毛穴に汚れが溜まった時です。汚れが酸化して黒ずんでしまうと、点々としてしまいますよね。

また、毛穴の中で毛が埋没してしまった時も、黒ずんで見えます。いわゆる「埋没毛」です。

しかし、このように汚れが溜まったり毛が埋没した時は、手触りが違います。ポツポツと、汚れや毛の分だけ毛穴が手にあたる感触があります。

その一方で、毛穴が色素沈着を起こした時の肌は触っても比較的スベスベしています。これが色素沈着した毛穴と汚れが溜まった毛穴、埋没毛を見分ける1つの方法です。

毛穴が色素沈着を起こす理由は?

毛穴が色素沈着を起こす理由の1つに、毛の処理によるものが考えられます。

肌がカミソリ負けしてしまった、ブラジリアンワックスや脱毛器で毛穴を傷めてしまった、毛を溶かす脱毛クリームの薬品が合わない、ニキビ跡などが挙げられます。

また、洋服の摩擦により毛穴が擦れたときにも毛穴の色素沈着は起こります。また正座していたり脚を組んでいると、洋服と足が圧迫され生地が擦れてしまいます。

脚の色素沈着には毛穴以外にも、虫刺されの痕なども考えられます。このような色素沈着は「炎症性色素沈着」という名前のシミの一種なのです。

毛穴が色素沈着にならないようにするには?

毛穴の炎症性色素沈着ができないように予防するには、ターンオーバーを促し色素沈着が起きてもスピーディにメラニンを排出できるようにすることが重要です。

そのためには、毛穴の色素沈着が気になる部分にたっぷり化粧水とボディクリームを塗ることです。

時々、シュガースクラブや蜂蜜などからできたボディマッサージクリームを塗ってラップをして、洗い流すだけで保湿剤を塗る前の肌の水分保持力を高めてくれます。

こうして保湿をすると同時に、外的刺激から守ることにも心がけたいものです。

例えば、体を洗う際に無理に擦らないようにすることです。特に見落としがちなのは、ボディタオルの使い方と素材です。

弱酸性のボティシャンプーを使っているからといって、十分に泡だてずに使ったり、垢が取れやすいように刺激の強いタオルを使っていると、肌を傷めてしまい弱酸性の意味がありません。

肌を優しく労わりたいのなら、泡をしっかり立てることです。また、素材もポリエステルなどの合成繊維ではなく、綿などの柔らかな素材を使いましょう。

そのためには、刺激の少ない洋服を身につけるようにしましょう。編み方にもよりますが、綿やガーゼ素材が良いですよ。

そして、座るときにも肌と服が擦れにくい座り方を心がけて、正座する時はクッションをお尻の下に敷いて座ったりと、工夫が必要です。

毛穴ひとつひとつがシミになるのは、見た目が良いものではありませんし、顔と同じくらい脚の毛穴にも気を配り、美肌を保ちたいものですね。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2018 All Rights Reserved.