毛穴に関する情報

押し出すのはダメなの?美肌には地道なスキンケアが最短の近道

投稿日:

毛穴の汚れを押し出すのはダメなの?

毛穴の汚れを押し出すのはオススメしません。

毛穴を押し出すと、毛穴の組織が炎症を起こしてニキビやニキビ跡を新たに作ってしまったり、毛穴そのものが開いて汚れが溜まりやすくなってしまいます。

とはいっても、毛穴の汚れを押し出す人はとても多く、すでに広がってしまったままキュッとしまった毛穴に戻らないという人も多いでしょう。

こうした人たちは、きめ細かな美肌になる最短の近道が地道なスキンケアの上にあることを知りましょう。

毛穴を押し出したり、強力な負荷や洗浄力のあるスキンケアを取り入れるような、一気に汚れを落とすようなやり方が間違っていることに気がついてください。

ちなみに、地道に取り組んでやっと効果が感じられるのは今からおよそ1ヶ月を過ぎた時でしょう。

1ヶ月を過ぎると、丁度1ヶ月前に始めた日々の毛穴ケアの結果が正しかったのかどうかを、初めて感じられます。

毛穴の汚れを溜めないためには「クレンジング」が不可欠!

毛穴の汚れを押し出したくなってしまうまで溜めないようにしましょう。

そのためには化粧していなくても「クレンジング」で皮脂を落とすようにすることが必要です。よく、朝は洗顔だけを行なって、クレンジングをしない人がほとんどではないでしょうか。

しかし、紫外線を浴びていない夜の間にも、皮脂は出ていますし、夜に塗った栄養クリームや美容液などのおかげで肌が整うと、寝ている間に老廃物が溜まります。

これには皮脂で固まってしまったタンパク汚れが混ざっていますので、洗顔の前にクレンジングを使うと綺麗に落とすことができますよ。

クレンジングはメイク落としとしての機能も持っていますが、本来は油の成分と馴染ませることで汚れを落とすものです。

洗顔で肌が突っ張ってしまいがちの人は、クレンジングはクリームやバームなどを選びましょう。

できるだけ肌の負担が少ないテクスチャのクレンジングを選ぶようにすると、毛穴の汚れを押し出したくなるくらい溜まることは少なくなります。

毛穴のキメを整えるには「洗顔」方法も見直すこと!

また、クレンジングの次に使う「洗顔」についても、使い方を変えれば毛穴の汚れが溜まりにくくなりますよ。

毛穴の汚れを押し出すくらい溜めないためには、洗顔をよく泡だてて泡のクッションで洗うようにすることです。

洗顔を泡立てずに使った方が毛穴の間まで綺麗に洗えると思う人もいらっしゃるかもしれませんが、実は洗顔はそもそも一気に毛穴の汚れを落とすことを求めてはいけないのです。

一気に汚れを落とそうとすると、毛穴の入り口の角質層を削ってしまわないと汚れは取れません。

毛穴の入り口がなくなってしまうようなスキンケアは、その時は汚れが綺麗になります。

しかし、また溜まっていけば毛穴が開いたままになりますので、目立ちやすく汚れが溜まりやすくなってしまいます。

また、後の保湿アイテムをどれだけ補給しようとしても、水分を保つ角質が削られていると乾燥して過剰な皮脂分泌を促すだけですので、再び毛穴を押し出したくなるくらい汚れがたまっていくでしょう。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2018 All Rights Reserved.