毛穴に関する情報

女優のような美肌になるには?毛穴レスに近づくスキンケアとメイク法

投稿日:

女優さんのような毛穴レス肌になるにはどうすれば良いの?

女優さんのように美肌に仕上げるには毛穴を目立たないように素肌のキメを整える事が重要です。

それには、スキンケアの際に「保湿する前の肌を整えること」が重要になります。女優さんはまるで毛穴がないような、繊細な肌をしていますよね?

女優さんのような毛穴の目立たない肌は、保湿する前の肌を整えて、化粧水を補う前に「水分を貯めておける土台を作る」という意味です。

水分保持力が高い肌にする、と言い換えることもできます。そのためには、肌に一気に負担がかかって角質層が取り除かれてしまうようなスキンケアをしないことです。

角質層は何層にも重なっているのですが、料理の乾燥を防ぐ調理用のラップ1枚分に相当する厚さです。この厚さを保つことで化粧水や乳液で補った水分を保ち、いつまでも潤いを保つことができるのです。

例えば、ラップ1枚分の厚さが薄ければ水分が蒸発しやすくなります。

ですので、皮膚が薄くなってしまう時には、クレンジング剤の目安の量を守って優しく馴染ませ、洗顔は手の摩擦を感じないくらい、しっかりと泡を立てて洗うようにします。

すると、薄くなった角質層を育て、低くなった水分保持力を高めましょう。

また一方で、角質層が厚くなってしまい、ごわつきが出てきたりくすみが出たような時は、クレンジングや洗顔で落とそうとせず、マッサージクリームを使います。

角質層が厚すぎると、水分や美容液成分が浸透しにくいのですが、すぐに剥がそうとしないようにしましょう。

肌は水分を補うと柔らかくなりますので、固い細胞をベリベリと剥がすことなく自然と古い角質が剥がれ落ちやすくなってきます。

水分保持力が高く、女優さんのように毛穴のキメが細かい美肌になるには、1日ではなれません。最低でも1ヶ月続けてみて、やっと効果が実感できるのです。

毛穴レスに近づくメイクの方法は?

女優さんのように毛穴のキメを整えるには「化粧下地の選び方と塗り方」が重要です。

女優さんのメイクはツヤがあって、ファンデーションがヨレていませんよね。高画質でも、一つ一つの毛穴のキメが整っています。

そうした肌をまず作り出すのは、先ほどお伝えしたスキンケアです。そこから行うメイクにも、女優さんの毛穴レス肌に近づく秘訣が化粧下地の選び方と塗り方なのです。

最近はテレビが高画質になって赤・青・黄の三原色がクリアに発現されるようになりましたが、3色が合わさった時にできる「黒」もハッキリと映し出される事となりました。

ですので、女優さんの肌にシミやほくろは従来よりも目立ちやすくなっているはずなのですが、女優さんのようなキメ細かい毛穴になるには「パール」の入った化粧下地を選ぶことをオススメします。

マットなものでも良いのですが、毛穴の凹凸によってできる影やくすみが光が色んな方向に乱反射することによって、目立ちにくくなりますよ。

また、塗り方については「ムラなく」、「適度な厚みを持たせて」塗るようにします。

化粧崩れを起こす人に、化粧下地の量が少ない人がいらっしゃるのですが、これだとファンデーションが上手く密着せず、崩れやすくなってしまいます。

ですので、もしも化粧崩れを起こしやすい人は、化粧下地は使用目安量を守って、ファンデーションを薄く塗るようにしましょう。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.