毛穴に関する情報

熱湯ですすいだ方が脂落ちが良い?注意点とオススメの温度

投稿日:

毛穴汚れは熱湯ですすいだ方が脂落ちが良いの?

毛穴からは皮脂が出るため、熱いと感じるくらいの熱湯で洗顔している人も多いのですが、毛穴の悩みをお持ちの人には熱湯ですすぐことはオススメできません。

熱湯を使うと、必要以上に皮脂を落としてしまうことに繋がるリスクがあるため、毛穴が乾燥することに繋がります。

また、熱湯を使って洗い流すことは皮脂を落とすと同時に、角質層から水分を保つために本来備わっている「セラミド」や「NMF」という成分が流れ出てしまう恐れもあります。

ですので、保湿力を上げるためのスキンケアを目指している人は熱湯で洗い流すことは避けた方が良いでしょう。

ちなみに、毛穴の悩みの中でも大人ニキビやオイリー毛穴は乾燥肌が原因の症状です。ですので、すすぐときに熱湯を使うとさらに乾燥が助長されます。必ず、ぬるま湯を使いましょう。

熱湯で毛穴ケアする時の注意点とは?

もしも熱湯で毛穴ケアをしたいのであれば、直接肌にかけずに桶に貯めてから温度を冷まして使用する方が良いでしょう。

例えば、蒸しタオルで洗う方法です。熱湯にタオルを浸してよく絞り、肌が火傷しない程度に温度調整してから顔に載せます。

なお、蒸しタオルで熱湯を使う時は洗顔の泡は落ちにくいので、クレンジング剤やマッサージ剤を顔に馴染ませた状態で使うのがオススメです。

使いやすいのもあるのですが、蒸しタオルを乗せると蒸気の力でテクスチャがふやけて、洗浄成分や保湿成分が毛穴の奥まで行き届きます。

テクスチャごとタオルで拭き取ると、スッキリ落とせて肌もしっとりと保つことができますよ。

洗顔をすすぐのにオススメの温度は?

洗顔をすすぐのにオススメなのは30度前後のぬるま湯がちょうど良いですよ。理由は、皮脂が流れ出る温度が30度以上だからです。

ですので、もともと皮脂腺が発達していてオイリー毛穴の人は32度から35度くらいの温度に調整しましょう。つっぱりすぎず、適度にしっとりした洗い上がりに仕上がります。

一方で、大人ニキビや乾燥毛穴が気になる人は30度以下のお湯ですすぐのが良いでしょう。

その代わり、クレンジング剤や洗顔料、マッサージ剤を顔の隅々までしっかり洗い流すようにして下さい。

乾燥肌の人は、たとえぬるま湯であってもすすぎ過ぎるのを避ける人が多いのですが、何回もすすがないと、テクスチャが毛穴に詰まって毛穴のトラブルを起こしかねません。

テクスチャのすすぎ残しによって吹き出物ができてしまったり、毛穴が開いてしまいかねません。

特に、髪の毛の生えぎわ、こめかみ、眉毛の根元、おでこ、口や顎の下、シワなどはすすぎ残しが多いので、注意して洗い流しましょう。

こうしてみると、30度前後ということはぬるま湯といっても少し冷たいくらいが適温だと言えるでしょう。

ぬるま湯というと、35度から38度くらいかと思いがちですが、水に近いくらいのぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2018 All Rights Reserved.