毛穴に関する情報

油が詰まるのはなぜ?原因を知って、油分を溜めないスキンケアで対策

投稿日:

毛穴ケアしていても油分が詰まるのはなぜ?

毎日毛穴ケアを怠っていないのに、毛穴の油が詰まる原因は2つあります。その原因とは「生まれつき毛穴の油分が多い」、「乾燥している」というものです。

「生まれつき毛穴の油分が多い」理由は皮脂腺が発達していることが原因です。これについては遺伝も関係しており、毛穴の奥にある皮脂腺の大きさによって肌が油っぽくなりやすいです。

ですので、どれだけ化粧水やシートマスクを行なったとしても、水分に比べ油分の方が多くなってしまい、結果的にインナードライな肌になってしまう体質だと言えます。

また乾燥肌の人も、実は皮脂分泌量が多くなる傾向にあります。そもそも、乾燥肌になりやすい人の中には前述の「生まれつき皮脂分泌量が多い」人も含まれます。

その一方で、皮脂腺の大きさは一般的であっても、水分に比べ油分の比率が多くなってしまうスキンケアを行なっている人に関しても、乾燥肌になりやすいと言えます。

油分の多いスキンケアとは、化粧水やシートマスクを使わずに乳液や栄養クリーム、保湿クリームで保湿することを意識したスキンケアのことです。

乾燥すると、肌表面については角質がペリペリと剥がれてきてカサカサ肌になり、痒みを伴いやすくなりますよね。

毛穴については剥がれる角質の量が多くなり、結果的に皮脂と混ざって毛穴汚れになりやすくなります。角質汚れはタンパク汚れです。

朝と晩に欠かさず毛穴ケアをしていると、本当は毛穴汚れが溜まらないはずなのですが、溜まってしまうのは、洗い方が合っていないのかもしれません。

油分が多いのはスキンケアの方法が間違っている可能性も?

実は、生まれもった体質や乾燥肌の他にも、「角質やファンデーションの汚れがしっかり取れていない」、「朝の老廃物が取れていない」といった洗い方が原因で、毛穴の油分が汚れを溜めてしまっていることも考えられます。

洗い方が合っていないと「角質やファンデーションの汚れがしっかり取れていない」状態で、保湿クリームなどの油分が多い栄養を補給することになります。

ですので、結果的に汚れを溜めてしまうことになります。また夜だけではなく、朝の洗い方も見直す必要があるかもしれません。

というのも、「朝の老廃物がきれいに取れていない」ままメイクをすると、晩にはその日の汚れと一緒に、それまでに蓄積されたタンパク汚れやファンデーション汚れ、皮脂汚れなど混ざって毛穴の中で肥大してしまいます。

しっかりケアしているのに油分でテカテカ毛穴の人の対処法

いつも保湿ケアを怠らず、丁寧にケアをしているつもりでも、毛穴の油分や汚れが目立ったままいつまでも気になってしまうひとにオススメの対処法があります。

それは「乳液や保湿クリームの塗りすぎ」もしくは「朝と晩の洗顔方法」を変えた方が良いかもしれません。

「乳液や保湿クリームの塗りすぎ」を改善するポイントは、油分を少なめにする代わりに化粧水を多めに使うことです。

コットンパックなどもオススメです。しかし、収れん化粧水などのアルコール類の清涼感を期待した化粧水はオススメしません。

美白化粧水などは、アルコールにしか溶けない成分が含まれていることがありますので、仕方がありません。

一方で、収れん化粧水などは肌の温度を下げて爽やかさを演出する効果を期待して配合されているため、乾燥を促してしまう可能性があるのです。

また、「朝と晩の洗顔方法」を見直すことについては、朝にもクレンジングを使う必要があるということです。

朝に出た老廃物は、皮脂や栄養クリームなどの油分をたっぷり含んでいます。まずはクレンジングで油分を落とした後に、タンパク汚れを洗顔で落としましょう。

油分が気になる人にとっては、朝でもダブル洗顔をすることで毛穴のキメが整ってくるかもしれませんよ。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバームの口コミは本当?毛穴に効果なし? , 2018 All Rights Reserved.