毛穴に関する情報

歳を重ねても美肌でいたい!毛穴のたるみを予防する方法はあるの?

更新日:

毛穴のたるみを予防するスキンケア方法はあるの?

毛穴のたるみを予防するためには毎日のオフスキンケアの方法と保湿方法を見直すことが重要です。

クレンジングでは1回分の容量をしっかり守りいつもより優しい力でスーッと伸ばすことが毛穴のたるみ予防に繋がります。クレンジングはマッサージではありませんので汚れを毛穴に入れ込まないよう上から下へ軽く指を滑らせるように馴染ませ汚れを落とします。

また洗顔を使う際はしっかり泡立てることが毛穴のたるみ予防として重要なことです。

「泡で洗う」というのを聞いたことがあるかもしれません。

泡の弾力で洗うには液だれのように垂れてしまう泡ではなく生クリームのようにツノが立つくらい泡立ててその弾力で包み込むように洗うのが一番指の摩擦と乾燥を予防するために大切になります。

そして髪の毛と顔の境目に液剤が残らないようにしっかりすすぎます。これでオフスキンケアは終了です。

次に化粧水で保湿します。コットンで馴染ませる方が手でつけるよりもムラなく均等に毛穴へ浸透しますので敏感肌や乾燥肌で肌へ刺激にならない人はコットンの使用をオススメします。

一方でコットンを使わない人は手にたっぷりと化粧水をつけてハンドプレスとリフトアップを兼ねて押し上げてください。

保湿成分はオフスキンケアとは逆で下から上へと毛穴のたるみに栄養を届けるように入れ込みましょう。

こんなスキンケアはNG!既に毛穴がたるんでしまった人に見直してほしいこと

毛穴の汚れをしっかり落とそうと念入りにクレンジングや洗顔をしていたり慌ただしい毎日の中でスキンケアに時間をかけられず洗いをささっと済ませてしまっているあなた。

毛穴が広がりたるんで小じわになっていませんか?忙しいと早く汚れを落としたくてささっと顔に広げてゴシゴシ擦ってしまいがちです。洗顔も泡立てている時間がないと肌への摩擦で毛穴が傷んでたるみを促してしまいます。

またオフスキンケアした後にしっかりと毛穴まで保湿できていない人は乾燥状態から毛穴がたるんでいきます。やはり「摩擦」と「乾燥」は大敵です。

特に角質層の薄い目の下や表情筋が動いてシワができやすい鼻や口の周り鏡を見てください。

もしも毛穴が開いて目立っていたり毛穴同士がくっついて溝ができていたら毛穴のたるみの前ぶれです。涙型の毛穴はたるんでいるサインです。

今からでも遅くはありませんのでスキンケア方法を一度見直して見てください。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.