毛穴に関する情報

どんな素材を選べばいい?毛穴に優しい毛穴パックの素材とスキンケア

投稿日:

正しい毛穴パックの選び方を知っていますか?

毛穴ケアのアイテムは多種多様です。毛穴の黒ずみを取る毛穴パックから、毛穴を引き締めるシートパックまで様々。1回のコスパが安くて毎日使いたくなるワンコインマスクもたくさんあります。

ただ、毛穴の黒ずみができた時のケアとして選ぶなら、極力肌を痛めないように素材や剤型を選びたいところです。では、一体どんなパックを選ぶと効果的なのでしょうか。

黒ずみができた後にすぐ思い立つのは、やはり角栓除去に使うパックです。角栓を根こそぎ取ると、古い角質や産毛も一緒にめくれるので、気持ち良いですよね。

角栓パックには様々な剤型があり、ジェルを塗るとシート状に固まってめくれるタイプや、洗い流すものもあります。洗い流すパックは、主にガスールやクレイといった、灰や泥の粒子が毛穴の汚れを吸着する効果を期待して配合されており、パック後に肌の上をマッサージしたら水で洗い流します。

とはいえ、毛穴から出てくる皮脂汚れやタンパク汚れの溜まりを整え、毛穴の黒ずみを予防するのが一番大切な事です。それですので、角栓除去をした続きで、しっかり保湿してあげるのも角栓除去と同じくらい重要なのです。

角栓除去と保湿を同時に

そんな時に役立つのが、毛穴を引き締める「収れん作用」を期待したシートパックです。収れん作用のあるローションを含んだシートパックを使うと、毛穴が引き締まりますし、最近のパックには保湿成分が含まれているアイテムが多いので、同時に肌の潤いも保ちます。

シートで肌を引き締められた後は、必要に応じて化粧水はしっかりつけていきます。シワやたるみが気になる方は、毛穴の流れに逆らって、下から上に押し上げるように手でハンドプレスするか、コットンでパッティングしましょう。

また、顔をパーツごとに見ていくと、毛穴が開きやすい部分は、髪の毛との境界部分やTゾーン、鼻・口・目の周辺の様にシワが寄っているところです。
こういったパーツは、化粧水をつける手と反対の手で皮膚を持ち上げ、下から上へ染み込ませます。

日焼けが気になるときにも、効果的ですよ。そして、乳液は今までの量を保つ様に心がけ、脂っぽくならないようにしましょう。

最後に、角栓除去をした次の日からは、毛穴の奥の汚れを毎日少しずつ落とす事が、毛穴の黒ずみ予防につながります。肌の摩擦を極力抑えるクレンジングを選ぶのが良いでしょう。

剤型は、バームやクリーム、ミルクがオススメです。角質がゴワついて肌がザラザラしやすい方は、コットンでクレンジングをふき取ってから洗顔してやると、洗浄力も落ちませんし、化粧水がしっかり浸透しますよ。

-毛穴に関する情報

Copyright© デュオクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングを試してみた , 2017 All Rights Reserved.