毛穴に関する情報

毛穴は保冷剤で引き締めを!毛穴の悩み全般に効果的なスキンケア

更新日:

毛穴の悩みには保冷剤で引き締めるのが効果的!

毛穴の悩みには保冷剤がオススメです。

保冷剤で毛穴を引き締めることは、体温が温まって開いた毛穴から汗が促され、水分が蒸散するのを抑える、お風呂上がりに効果的なスキンケアだと言えます。

冷やした保冷剤を気になる部分に当てるだけのスキンケアですので、とっても手軽です。

毛穴の開きが気になる場所、赤みが気になるおでこや小鼻、頬、口の下などに保冷剤をあてて冷やしましょう。

ちなみに、保冷剤は凍っていなくても冷えていれば大丈夫です。毛穴を冷やすことができれば良いので、お風呂に入る直前に冷蔵庫に入れる程度でも十分冷えます。

お風呂に浸からず、シャワーで済ませる場合など、入浴時間が短くなることが分かっている場合は、しっかり冷やせるように念のため冷凍庫に入れてから入浴するようにしましょう。

もちろん、ずっと冷凍しておいた保冷剤でも構いません。しかし、低温やけどになってしまわないように、タオルやキッチンペーパーなどに包んで使うのをオススメします。

保冷剤はどんなタイミングで使うと毛穴の悩みに効果的なの?

保冷剤を使うタイミングは化粧水や美容液を塗った後に使うのがオススメです。

お風呂上がりは蒸しタオルやエステやスチームと同じく、お風呂の蒸気で毛穴が開いている状態です。

毛穴が開いているときは水分に近い化粧水と美容液などのアイテムを使うと、より効果的です。

毛穴の奥にも浸透しやすく、角質層も水分を含んで栄養補給しやすくなっていますので、ぐんぐん吸収してくれるでしょう。

それから保冷剤で毛穴をキュッと引き締めた後に、乳液やオイル、保湿クリームで最後のステップを行います。

なぜ、乳液などの後に保冷剤を使わず、乳液などをつける前に保冷剤を使うかといいますと、理由は2つあります。

1つは、油分は冷えて固まってしまうからです。

これについては製法上、全ての乳液、オイル、保湿クリームなどに言えることではありません。

そうは言っても、常温で保存する化粧品が多い中、保冷剤を後から使って油分が冷えて固まってしまい、本来期待している効果を発揮できなくなってしまうのは本末転倒ではないでしょうか。

そして、もう1つの理由は乳液、オイル、保湿クリームなどをつけすぎないようにするためです。

保冷剤で毛穴が引き締まると、油分でできているアイテムはいつも使っている量よりも少なくて済むはずです。

実は、毛穴の全般的な悩みは水分による保湿が油分よりも控えめの場合か、または油分で保湿しようとしているかのどちらかが考えられるからです。

つまり、毛穴の悩みは水分よりも油分が多い保湿ケアになっていることが原因なのです。

皮脂汚れを促してしまった結果として、毛穴の開き・つまり・たるみが気になる、白ニキビができやすい、加齢とともに小じわができやすくなる、などの悩みが出てきてしまうのです。

保冷剤による毛穴ケアで、こうした毛穴の悩みをうまく解決することができます。スキンケアにうまく取り入れていきましょう。

特別なスキンケアアイテムを使わずに、どのご家庭にもある保冷剤で簡単に毛穴ケアができますよ。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.