毛穴に関する情報

にょろにょろ皮脂が毛穴からニョキッ!自宅でピーリングケアは危険?

投稿日:

毛穴から出るにょろにょろ皮脂をスッキリさせたい

「毛穴の皮脂が柔らかいまま、なかなか全部落ち切らないのでスッキリさせたい」柔らかくにゅるにゅるした皮脂はピーリングケアも効かないし、放っておくのは気持ちが悪いですよね。

綺麗になった時は気持ちよいかもしれませんが、よく考えると角栓になる前にケアできるという事なのです。きちんとケアをする事で、毛穴を広げずに済むかもしれませんよ。

ここで伝えたい「きちんとしたケア」というのは、ピーリングを使う前段階でできる事です。それは、クレンジングの前にスチームか蒸しタオルで角質に水分を届ける事から始めます。

肌が乾燥した状態でクレンジングや洗顔をするのを避ける目的があります。小鼻やあごなど、毛穴の皮脂が気になる部分には、いつも使うクレンジング剤を厚く塗って優しくマッサージしましょう

そのあとは、ぬるま湯で落とします。それでも毛穴に皮脂が残ってザラザラが気になる人は、再び蒸しタオルで角栓をふやかし、タオルで優しくふき取ってやると皮脂の頭の部分は取れて滑らかになりますよ。

この時、決してタオルで擦らないようにしてください。毛穴の皮脂分泌、タンパク汚れを次の日に持ち越さない様にしたいのですが、そうはいっても角質層を削ってしまうと毛穴の入り口まで削がれてしまいます。

これが原因で乾燥が進んだり毛穴が広がってしまうため、汚れで毛穴が塞がり普段のクレンジングでも落ちにくくなります。

また、市販のピーリングアイテムとして販売されている製品には古い角質を溶かすピーリング剤や酵素が配合されています。しかし、これをしすぎると毛穴が削がれて汚れが溜まりやすくなる悪循環を作ってしまいます。タオルで擦った時と同じ状態を作ってしまうので、あまりお奨めできません。

市販のピーリングアイテムは美容皮膚科で行われるケミカルピーリングの手法を自宅でしたい方のためのアイテムです。とはいえ、ケミカルピーリングでは角栓除去という手順を踏んだ後でピーリングを行いますので、市販のピーリング剤に対して名前のイメージのまま使用してしまい、本来の目的を知らないと間違ったケアをしてしまう事になります。角質層をむやみに削って乾燥を進行させない様に注意しましょう。

蒸しタオルまでなら安心

一方で、角栓除去を自宅でする際は、先ほど紹介したクレンジング後の蒸しタオル程度に留めておきましょう。

ドラッグストアやバラエティショップに行くと、コスメコーナーに必ずプッシャーが並んでいます。プッシャーとは、金属でできた棒の先が円状になっていて、毛穴を押し込んだ反動で皮脂を押し出す器具です。

ついついプッシャーを使ってきれいにしたいと思いがちですが、毛穴の中の表皮層が表近くに出てきたまま元に戻らなかったり、炎症を起こし雑菌が入りやすくなるなど、注意しなければならない方法です。

毛穴を広げずにケアするには、毎日すこしずつ皮脂を溶かし出すしか方法はありませんので、地道に取り組んで行きましょう。

-毛穴に関する情報

Copyright© デュオクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングを試してみた , 2017 All Rights Reserved.