毛穴に関する情報

粉瘤との違いは?しこりニキビの炎症予防はケアにひと工夫が必要

更新日:

粉瘤とニキビの違いは?それぞれの特徴とは

簡単にいうと、毛穴の中に汚れが溜まってアクネ菌が増殖してしまい、炎症を起こすのが「ニキビ」です。

そして、皮膚の内側に袋に溜まった垢などが盛り上がる「しこり」は「粉瘤」です。

粉瘤とは良性腫瘍のことで、皮膚表面の内側に「しこり」ができて、皮膚がポコっと盛り上がる症状のことです。

対してニキビは、通常毛穴の入り口が塞がっていることはないのですが、まれに粉瘤のように皮膚で覆われている「しこりニキビ」があります。

粉瘤についても、皮膚表面が開いて老廃物が溜まった袋が見えることもあり、粉瘤なのにニキビと間違えてしまうことがあるのです。

皮膚の開口部分が丸く開くと、開口部分は黒くなっています。ですので、一見すると粉瘤は、まるで膿む前の黒ニキビのようにも見えます。

こうして粉瘤とニキビを見比べると、そもそもできるメカニズムが全く異なるのに、「しこりニキビ」が存在することで粉瘤をニキビと間違えてしまうのも頷けますね。

粉瘤も炎症を起こすことがある?!粉瘤の正しいケアはどうすれば良いの?

ニキビと同様に、粉瘤も炎症することがありますので、一見ニキビと見分けがつかないことがよくあるのです。

また、炎症した粉瘤をニキビと間違えてしまい、アクネ菌の抗菌作用が期待できる成分配合の化粧品を買ってきてスキンケアする人を、よく見かけます。

しかし、残念ながら粉瘤に対するスキンケアは、アクネケアでは効果が期待できません。

粉瘤が炎症している場合は、皮膚科抗生物質を処方してもらうことで、炎症を抑える処置がなされます。

また、粉瘤そのものを除去するためには、皮膚を切開し、中から老廃物の溜まった袋を摘出する外科治療を受ける必要があるのです。スキンケアではなんともなりません。

粉瘤と似ている「しこりニキビ」の正しい毛穴ケアにはどんな工夫が必要なの?

「しこりニキビ」に対するひと工夫とは、「ターンオーバーの乱れを整えること」です。

そのあとで、通常のニキビケアアイテムを使うと、より効果を期待できます。

粉瘤もニキビと同じで炎症することや、粉瘤はスキンケアでは解消せず、ニキビケアでは解消しない、というのはお分りいただけたでしょう。

「しこりニキビ」は、顎や口の下、首などにできることがよくあり、角質層に覆われていることから「大人ニキビ」とも言われます。

「しこりニキビ」も炎症することがあるため、炎症してシミになったり、毛穴が潰れてクレーターになってしまわないようにケアできる化粧品があるのです。

しかし、「しこりニキビ」の化粧品には専用の有効成分が配合されている、ということではありません。

角質層の保湿力を高めて乾燥しがちな顎や口の下の毛穴の角質層を、健康的なターンオーバーのサイクルに整えていくことを期待した処方になっているのです。

皮膚で覆われた「しこりニキビ」については、こうして肌サイクルを整えた時に、毛穴の中のケアができるようになります。

ですので、ここでアクネケアをすれば、ニキビケアとしての効果が期待できるのです。

ちなみに、アクネケアの化粧品の多くに配合されているのはサリチル酸、ピオニン、イオウ、イソプロピルメチルフェノールなどです。

ニキビに関しては、まずは「しこりニキビ」との違いをきちんと判断した上で、段階を追ってアクネケアを施すことで、化粧品でも炎症を予防することができるのです。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.