毛穴に関する情報

糸ようじを使った毛穴ケアは要注意!やりすぎると毛穴開きの原因に

更新日:

糸ようじを使って毛穴開きを解消するには?

糸ようじを毛穴開きの目立つ毛穴にあてて、毛穴開きの目立つ毛穴の角栓や汚れを取る方法を、実践している人がいます。動画の最後に使用しているリステリンはジョークです。

糸ようじの本来の使い方ではありませんが、糸ようじで毛穴をなぞるようにすると、汚れがもろもろと取れるのです。

汚れが気になる毛穴開きを、一時的に目立ちにくくしたい人にはオススメです。糸ようじを使うと、固い角栓が取れやすい鼻パックと比べて、柔らかな皮脂も取れやすいという良さがあります。

とはいえ、糸ようじを毎日使うと毛穴開きが解消しません。糸ようじを使うと、毛穴を上から押して汚れを出すので、毛穴は力を加えると開いてしまいます。ですので、やりすぎには注意しましょう。

水分が蒸散しやすくなり、乾燥から守るために皮脂分泌も過剰になりやすいのです。

糸ようじで毛穴ケアをしすぎると、毛穴を開かせる原因になってしまいます。これは糸ようじの「糸」の部分を肌に滑らせて毛穴の中の角栓を押し出すケアだからです。

また、クレンジング剤やマッサージクリームを馴染ませた肌に使うと、毛穴汚れが出てきやすくなりますよ。

デンタルフロスを肌に擦りすぎると、角質層が剥がれて肌を傷めてしまう可能性がありますので、何回も同じところを擦らないように注意するのも大事です。

なぜ大事なのかというと、デンタルフロスで毛穴表面のごわつきや角栓を除去すると、角質層の潤いを保つ「細胞間脂質」や「天然保湿成分」も一緒に取り除かれてしまいます。

ですので、擦りすぎた結果、その後のスキンケアでいくら毛穴をキュッと引き締めようとしても、入り口が閉じずに開いた毛穴になってしまうのです。

開かなくなると同時に角質層が薄くなり、保湿力が奪われてしまいますので、乾燥肌も促されてしまいます。

糸ようじを使った毛穴ケアは絶対にやってはいけない?

必ずしも、糸ようじを使った毛穴ケアが悪いわけではありません。それはなぜかというと、糸ようじでも効果を実感する人はいるからです。

糸ようじで毛穴開きに効果を感じるのは、角栓が硬く大きくなる前の、皮脂が柔らかな状態で使った時が多いようです。

一方で、実際に糸ようじを利用する人の多くは毛穴が開ききって汚れが角栓に変わってしまった、「いちご鼻」の人が使うことが多いようです。

さらには膿の溜まったニキビに対して、潰す時に使う人が使用している傾向にあります。

角栓が大きな人やニキビに対しては、雑菌が一層繁殖したり、潰れたときにでる体液が他の場所に着いたときにかぶれてしまう可能性もありますので、オススメできません。

本当に毛穴開きを小さくして、角栓を溜めないようにしたいのであれば、角栓や膿の溜まったニキビは皮膚科に行って治療しましょう。殺菌処理された器具で、正しい処置をおこなってもらうようにしましょう。

糸ようじを使ったケアはいわゆる「角栓パック」を行なった後の毛穴の形と同じ状態を作り出してしまいます。

つまり、毛穴の入り口を引き締めるための角質層までも剥がれてなくなってしまった状態です。角栓パックは毛穴の角栓をスポン!っと抜いてしまうため、大きな穴が空いてしまいますよね。

糸ようじの場合、毛穴開きが気になる前に汚れをケアできるかもしれません。しかし、汚れを一気にとる方法はどんな方法でも毛穴への負担がかかり、炎症を起こさせる原因になってしまうのです。

毛穴ケアした後は「化粧水」でしっかり保湿することが鉄則!

やはり「保湿」が重要です。特に、糸ようじを使った後の皮膚に対してはしっかり労りましょう。といっても、皮脂をせっかく取ったのですから、乳液をたくさん使うのは逆効果です。

皮脂は足りないところに自然に出ます。角質が取れて乾燥すると、より多くの皮脂が自然と出てきます。ですので、肝心なのは「炎症を沈めて化粧水で保湿すること」です。

こんな時は抗炎症作用が期待できる、医薬部外品の化粧水もオススメです。

「トラネキサム酸」や「アラントイン」などは有名ですが、植物由来成分でも「カモミラエキス」や「ヨモギエキス」なども代表的な成分です。

炎症が起きるのは、外からの刺激が肌に合っていないことを知らせる信号です。

ですので、もしも糸ようじで炎症が起きたとしたら、その反応を見逃さずに抗炎症成分が入った化粧水でしっかりケアしましょう。

また、コットンパックで肌の水分を補ってやるのも良いですよ。化粧水を含ませると圧縮してあったシートマスクがムクムク膨らんでいくコットンマスクなら、好きな化粧水を顔全体にたっぷり浸透させることもできますよ。

糸ようじを使った後は、本当ならひたひたに水分を蓄えるはずの角質層も薄くなってしまいがちですので、保湿力が十分でないことも出てきます。

そういう時は、化粧水を染み込ませたコットンに乳液を取り肌に塗り広げると、乳液がしっとりと肌に馴染んで、余分な乳液はコットンに残りますので、もっちり肌になりますよ。

 

 

>>人気急上昇中!話題の毛穴クレンジングとは!?

 

 

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.