毛穴に関する情報

深い毛穴の汚れはどうすれば解消するの?汚れを溜めないスキンケア

投稿日:

深い毛穴の汚れを溜めない方法は?

「蒸しタオル」もしくは「スチーム」を使うと良いですよ。ターンオーバーが乱れて、肌表面や深い毛穴の入り口がゴワついている時にも使えます。

深い毛穴の汚れに対してオススメの方法は「保湿しながら汚れをしっかり除去すること」です。

それだけではなく、毎日のお手入れにも効果的です。特に、汚れが溜まりやすく角栓などが大きくなりやすい人は、深い毛穴の汚れを溜めない方法としても期待できるのです。

蒸しタオルやスチームの温かい蒸気のおかげで、一時的に毛穴を広げたり毛穴の奥に続く角質層に水分を送り届けてくれますよ。ですので、クレンジングやマッサージクリームを馴染ませた後に顔に使いましょう。

一般的に蒸しタオルやスチームが良いと言われている理由として、「毛穴の汚れを浮かせて落としやすくできる」というのを耳にするのですが、本当の理由とはすこし異なります。

毛穴汚れが強力なクレンジングでも落ちにくい理由は?

じつは、毛穴に溜まる汚れは皮脂が約30%で、残りの約70%はたんぱく質、要するに古い角質です。毛穴に溜まる汚れのほとんどはターンオーバーが終わって剥がれて老廃物になった角質だったものだということです。

深い毛穴については日々の毛穴ケアによって、すこしずつ汚れを除去することが汚れを溜めない最善の方法です。

そのために、蒸しタオルやスチームで角質層を柔らかくすれば、スキンケアの成分が肌や毛穴に浸透しやすくなり、クレンジングやマッサージクリームの成分が行き届く期待が高まります。

深い毛穴だけをピンポイントに選んでケアできるかというと、それは難しいことです。しかし、この方法ですと無理な力を加えたり、より強力な成分を使うことなくクレンジングやマッサージクリームを効果的に使うことができるのです。

他の毛穴に比べて数の少ない、深い毛穴に合わせて汚れを取り除こうと思うと、水分を保たないといけないはずの角質層まで剥がしてしまいます。

肌に負担をかけてしまうことにもつながってしまうのです。肌に負担をかけずに、汚れだけを取り除くには、一度のケアでは難しいです。

自分の肌の生まれ変わりのサイクルにあった「保湿しながら汚れをしっかり除去すること」方法。

深い毛穴の汚れを無理なく落とすスキンケアアイテムとは

毛穴つまりが角栓になる前に心掛けたいのは「毛穴クレンジング」です。やはり、保湿をする前に汚れを綺麗に洗い流すことが大切です。

冒頭でお伝えした「保湿しながら汚れをしっかり除去する」には必要な皮脂まで落とさないようにダブル洗顔できるアイテムがオススメです。

毛穴クレンジングできるアイテムは、クレンジングと洗顔が1度で済むので、お湯で洗うステップが少なくて良いですし、蒸しタオルやスチームで拭き取っても効果的ですよ。

テクスチャはクリームタイプ・バームタイプ・オイルタイプなど、様々ですので、使いやすいタイプを選んで保湿しながら深い毛穴までケアできますよ。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.