毛穴に関する情報

毛穴の汚れには洗顔ブラシが効果的?!オススメポイントと注意点

投稿日:

毛穴の汚れには洗顔ブラシが効果的なのはなぜ?

洗顔の際に使う「洗顔ブラシ」は毛穴に詰まった汚れが掻き出せて、汚れがごっそり綺麗になります。

なぜ綺麗になるかというと、肌表面の古い角質や毛穴の汚れが綺麗に除去できるからです。乾燥した毛穴の入り口などはどうしても古い角質がたまってしまい、肌表面もゴワついたり、ザラザラしてしまいます。

しかし、手で洗うよりもブラシの毛の方が汚れの凸凹にフィットして、毛穴の汚れも簡単に掻き出してくれます。

その結果、洗い残しが少なくなり、あとに使うマッサージクリームの美容液成分や化粧水などの浸透力が高まることが期待できるのです。

そうすると、くすみがなくなり、もっちりと潤いの保たれた肌に生まれ変わります。

洗顔ブラシがオススメできないのは?

また、これらとは対照的にオススメできない場合もあります。それは、刺激に弱い肌の人や部分的に刺激を受けてしまう人です。こうした肌の人は、使わないほうが良いでしょう。

刺激に弱いのは、外から皮膚を守る「皮膚バリア機能」の働き弱いからです。保湿力が維持できず角質層の薄い、敏感肌や乾燥肌の人に多いです。

こうした人は元々、手で洗う時でも摩擦による刺激を受けやすいため、洗顔ブラシで洗ってしまうと肌が傷つき、さらに悪化してしまう恐れがあります。

部分的に刺激に弱い人は、日によって変化する肌環境をしっかりと把握した上で、肌荒れを起こさないように注意を配ることが必要です。

また、ニキビができている場所やニキビに近い場所にも、同様に使わないほうが安心です。

ニキビは毛穴の奥でアクネ菌が繁殖しているため、洗顔ブラシで無理に掻き出そうとすると、ニキビの奥に別の汚れが入り込んでしまう恐れがあります。

こうなると、さらに他の汚れが毛穴の奥に侵入し、炎症をさらに悪化させてしまうリスクもあります。また、ニキビが潰れてしまうとニキビ跡が残ってしまう可能性もあるのです。

ですので、ニキビの際はむしろ優しい力で洗ってすぐに泡を洗い流すくらいが、ちょうど良いのです。

さて、ここまで洗顔ブラシのオススメポイントと、向いていない肌症状をご紹介しましたが、洗顔ブラシの特性を知ってうまく利用すると、綺麗に毛穴の汚れが落ちますよ。

洗顔ブラシを適切に管理するための注意点とは

洗顔ブラシは毎回洗って干し、清潔を保ちましょう。

当たり前すぎるのですが、ファンデーションのバフと同じで1度使うと、少なからず汗や角質の汚れが残ってしまいます。

ですので、ブラシは毛の根元まで洗ってしっかり水気を切り、次に使うまでにしっかり乾かしましょう。

洗顔ブラシは常に清潔を保って正しい使い方をすれば、毛穴の汚れを取り除いてきめ細かな肌を目指すことができる、オススメアイテムなのです。

しかし、肌が弱かったり既に肌トラブルを持っている部分は必ず使用するのを避けましょう。

そして、ブラシを力一杯ゴシゴシ肌に当てるのではなく、あくまで肌を転がすようにクルクルと軽く転がして使いましょう。

あくまでも、洗顔ブラシは肌トラブルにならないように肌を清潔にし、潤いを保てるようにケアするアイテムです。肌を傷めないように注意して使っていきたいものですね。

-毛穴に関する情報

Copyright© DUOザクレンジングバーム|口コミで話題の毛穴クレンジングの効果 , 2017 All Rights Reserved.